読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

宇宙物理につづく足跡

宇宙物理学をやりたい大学生が目標までひたすら回り道をするブログ

第二志望の学科に進学して思ったこと

受験ネタかよ

前期試験の結果が出て,同期の友人が第一志望の大学に入学した結果をちらほら目にしました。 とってもうれしいですね……! 頑張ったんだなあ……と思います。 同時に僕はこの1年間頑張ってきたかなあとか, 後期第二志望の学科になぜ進学したのか,春休みに改めて考えて不安でしんどくなっていました。

たぶん,大学の勉強は頑張ったかなあ。成績もそこそこあるし,フル単できているし。実験レポートもまじめに書いたし。

進学については自分の実力が不安で,拾われた後期第二志望に進学した……といえばそこまでなのですが。 浪人して伸びるのかなあとか,志望の大学に受かっても理物に進学できるのかなあ,とか。

地学科で勉強したこと

今のところ専門科目は無く(地球の科学、出席100%のアレは専門科目ではない), 1/2セメスターの教養の地球科学の科目は興味を持って(本当か?)学習しています。 そのため1年間で地学について勉強したことといえば「火山すっごーい! 地球の内部構造たーのしー!」くらいでした。 ありゃりゃ。自分でちゃんと勉強しないとね。というかこの記事の内容終わってしまった。

2セメスターは地学専門が無いので理物の専門科目をひたすら履修しました。 力学演習と電磁気学演習は(英語の時間に必死にやってたけど)楽しかったし役に立ったなあと思っています。 こ……これからちゃんと復習するよ……試験あるし。 電磁気学は何だったんでしょうか。脳死したレポートを教授に採点させてしまってぐわーっというお仕事をしました。 僕より成績低い物理学科変わってくれ。

ほんとに転学科するの

地球の科学の火山分野とか生命起源分野とか,地球物質科学の地球内部構造の方とかに興味が出てきて, 地学楽しそうだなあと思うようになりました。 地学科のみんながすっごーいいい人たちばかりで。 僕の大学生活が多少なりとも明るいのは地学科のみんなのおかげだと思っています(ここで言うことじゃない)。

と,高校のお世話になった物理の先生に言うと,「このまま地学に身をうずめるの」と返されてしまいました。 物理に足が生えたような(失礼)方なので当然といえば当然なのですが。

自分の力を物理畑で発揮したいなあという思いがまだありつつも(転学科試験通る自信はそれほど無いですが……), 本当に自分に宇宙理論で食って行けるのかまだ分からなくて。 自分は宇宙理論に貢献すべきなんだろうか? というのを田崎先生の素理論についての記事を読んで思ったり。 いやー,今考えてもちっとも分かんねー,と。 このまま行けたら行くし,どう転んでもきっと自分がやりたいと思えることに挑戦できると思っています。 挑戦するぞ。楽観視。

どうにせよ宇宙理論の教科書を読めるほどの実力をつけたいと思っています。 地学科でも宇宙論履修できるしね(数学の素養は大丈夫なのかなあ、相対論)。

さて,仙台でも物理すっぞ。

線形代数学へのステップ(行列の計算編)

大学新入生がこの時期にやるといいかもしれない線形代数学の(まさに!)基本となる,行列の計算についてpdfを書きました。

linear0120170227.pdf - Google ドライブ

書くことにした経緯は前回の記事を参考にしてください。思いのほか時間がかかってしまったので暇になったら解説を書きます(簡潔に書こうとしたら解説で書こうとしていたことも書いてしまった,という説もある)。

国公立前期二次試験お疲れ様でした

合格発表までは行列の計算を!!

受験生の皆さんまずはお疲れ様でした。長い受験勉強を終え,やっと一息つける時期かと思います。合否の発表までしばらく時間がありやきもきする時期でもあるかと思います。私は前期試験が終わってからは後期の勉強を高校の図書館でひとり孤独にしておりました(筆者のことはどうでもいい)。

勉強熱心な新大学生のみなさんの中にはこの時期,また春休みに何か勉強したいなあと思っている方もいらっしゃることでしょう。私は、というと大学数学入門の本を読んで、問題を少し解いて、ということをしていました。

手許にないので書名は思い出せないのですが、微積に加えて環群体の基礎もやっていたような……。正直なところ数学系以外の理系大学生ならば1年次のうちはそこまでいらないです。他の「大学数学の基礎」をタイトルとした本も中身は高校数学であったりするので買うだけ損ということも。

ちなみに講義で指定された教科書はよほどのことがない限り買いましょう。試験前に慌てて買おうとするも在庫がない、図書館で借りっぱなしになってペナルティを食らうといったデメリットがあります。でも教科書って高いんですよね。生協で買うと安くなったり大学の近くに古本屋さんがあったりするのでそこで見繕うと吉。

閑話休題

ここまで長々と述べましたが、この間に何をするのをおすすめしたいかというと行列の計算です。理工系の学部学科であれば「線形代数学」などの名前で一年次の前期(1,2クウォーター)に開講される部分,つまり「行列の積」「掃き出し法」「行列式の計算」ができると非常に心強いです。線形代数学の後期で扱う内容は一般教養でありながら数学の美しさを目の当たりにするでしょう(本当か?)。そのためにも,ぜひぜひ。

インターネットで線形代数の基礎の部分を勉強してもいいのですが,あまり良いウェブサイトが転がっていないように思います。今後このブログで躓きやすい部分を扱えたらと考えています(考えるだけタダ)。

Tbook10を導入する話

タブレットを導入するぞ

スマートフォンの普及もあり私たちの身近なものになってきた情報端末。レポートを書いたりコードを実装したりするときにはパソコンを使うことが多いでしょうか。 私も図書館に行ってレポートを書いたりすることがあったり、PDFを見ながら勉強したりすることが増え、重たいパソコンを持ち運んだり狭い机で難儀したりすることに。 そこでちょっと大きめのタブレット……ほしいなあと思い始めました。ただ某A4サイズのiPadは学生にはちょっと厳しそう。 数年で情報端末のスペックなんて桁違いになってしまうしあまり高くても、ねえ。

そんなに高くなくて開発環境を考えるとWin10が動くタブレットがいいなあと考えて目を付けたのがTbook10、俗に言われる中華パッドの一つでした。 どこぞの通販サイトから借りてきたレビューではなく完全に自分で買った機械でのレビューなのでありのままのことが書ける、かと。 高くてちょっと大きいパソコンを買って(買わされて)後悔してしまう……前に「こんな選択肢もある」と考えてくだされば幸いです。

学部生的には良さげ

Tbook10はWin10/Androidがどちらも使えるタブレットで、切り替えに再起動は要るものの使い勝手がいいです。 スペックやベンチマークなどは他のウェブページのほうが詳しいので割愛します。 Win10のパーティションは32GBのストレージ容量が割り振られているのですが、gccとかTeXの環境を入れると割とかつかつです(入れて残り7GBくらい)。 microSDで拡張するのはそこそこ大事かと思います(データ飛ばないかちょっと心配)。 コンパイルもできることにはできるのですがC++,fortran90のHelloWorldでも少しもたつくのであまり大きなコードは難しそうです。 確認程度なら十分に動くと思います。

ちょっとデメリットな面を書いてしまったのですが、タブレット+Bluetoothキーボード+スタンドで持ち運びに便利な環境が整うのは結構な利点ですよ。 普段図書館に行くとかだけではなく帰省先に持ち帰って作業するなどにも便利です。 購入動機でもあったPDFを見ながら勉強したりする(つまりタブレットとノートを並べて勉強する)こともできてなかなか捗っています。 人それぞれではあると思いますが、例えば家に母艦のパソコンを一台置いて持ち運びは専らタブレットみたいな使い方も十分にアリかな、と思います。

TeXで球座標の図を挿入したいときの話

LaTeXと大学生

 大学生になって衝突する壁のひとつにLaTeXがあると思います。といってもオフィススイートを使ったほうがインストールも楽だし、記述にいちいち悩むこともないのは確かです。とはいえLaTeXを使いたい(使わなくてはいけない)状況もあり、大体の動機は

  1. 授業でLaTeXの演習があり必要な提出課題がある
  2. オフィススイートで数式入れるのが面倒くさい
  3. 格好つけたがり

のどれかになるのではないでしょうか。とはいえこの記事では(私を含めた)LaTeX初心者向けに導入などをまとめたものではありません!! なんてこったい。

話はちょっと複雑

 電磁気学のレポートをLaTeX打ちで提出しようと思い(動機の3番)、球座標のラプラシアンの変換のあたりでコンピュータ上で図が描けない問題に直面しました。

twitter.com

 1回生の前期あたりからいい感じのグラフとか図とか描けたらいいなあと思案していたのですが、毎回手書き。前に打ったtexファイルをコピペできるから楽なんだよう(動機の2番)。

見つかった方法

 後から修正・使い回しできるように、texファイルにタグ打ちで図を描く方法ってないのん? 調べた結果見つかったのが、TikZとPSTricks。化学のレポートで重宝しそうな構造式が描けるプラグインはTikZ向けでしたね。お絵かきソフトよろしくPSTricksをGUIで書けるソフトにLaTeXDrawがあったりします。

 pstricksで図を描く方法では城西大学PSTricks入門のウェブページ上にあるpdfに球座標の場合について載っていました。よくよくソースコード見てみるとデカルト座標に腕力で書き込んでるような。気が向いたときにテンプレートを作っておこうかな。

 

物理とかを勉強する

はじめまして, 清涼(@tn_cider)です. 某大学理学部一年です.

学科は物理ではないのですが, 個人的な興味からちょっとずつ勉強しています.

自分で数式をいじって, 宇宙論のことが少しでも分かったらいいな. ほんとは大学院とかその先で物理を勉強してみたいな.

あとはプログラミングとか, 機械設計とかもかじってみたい.

このブログでは自分の勉強したことをまとめたり, 興味あることをブックマークしたり, 読んだ本の感想を書いたりしていきます. 少しでも自分のモチベーションをあげるのに役に立てたら.

前にも述べたとおり目標が揺らぎ揺らいで定まりませんが, どうかよろしくお願いします.

頭よくなりてえ.