読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

宇宙物理につづく足跡

宇宙物理学をやりたい大学生が目標までひたすら回り道をするブログ

TeXで球座標の図を挿入したいときの話

LaTeXと大学生

 大学生になって衝突する壁のひとつにLaTeXがあると思います。といってもオフィススイートを使ったほうがインストールも楽だし、記述にいちいち悩むこともないのは確かです。とはいえLaTeXを使いたい(使わなくてはいけない)状況もあり、大体の動機は

  1. 授業でLaTeXの演習があり必要な提出課題がある
  2. オフィススイートで数式入れるのが面倒くさい
  3. 格好つけたがり

のどれかになるのではないでしょうか。とはいえこの記事では(私を含めた)LaTeX初心者向けに導入などをまとめたものではありません!! なんてこったい。

話はちょっと複雑

 電磁気学のレポートをLaTeX打ちで提出しようと思い(動機の3番)、球座標のラプラシアンの変換のあたりでコンピュータ上で図が描けない問題に直面しました。

twitter.com

 1回生の前期あたりからいい感じのグラフとか図とか描けたらいいなあと思案していたのですが、毎回手書き。前に打ったtexファイルをコピペできるから楽なんだよう(動機の2番)。

見つかった方法

 後から修正・使い回しできるように、texファイルにタグ打ちで図を描く方法ってないのん? 調べた結果見つかったのが、TikZとPSTricks。化学のレポートで重宝しそうな構造式が描けるプラグインはTikZ向けでしたね。お絵かきソフトよろしくPSTricksをGUIで書けるソフトにLaTeXDrawがあったりします。

 pstricksで図を描く方法では城西大学PSTricks入門のウェブページ上にあるpdfに球座標の場合について載っていました。よくよくソースコード見てみるとデカルト座標に腕力で書き込んでるような。気が向いたときにテンプレートを作っておこうかな。