宇宙物理につづく足跡

宇宙物理学をやりたい大学生が目標までひたすら回り道をするブログ

Mathtodonとか自然演繹系とか

Mathtodonはじめました

分散型SNSmastodonがmstdn.jpから流行し始めた4月中旬。
LaTeXの使えるインスタンスできないかなー, MathJax採用したらできるんじゃないかなー,
でもサーバー高いし自分でインスタンス立てるの難しそう……と思っていた矢先にできました。
mathtodonです。MathJaxがつかえるんですよー。
そんなこんなでアカウント作らせていただきました。
mathtod.online
ローカルタイムラインがね, いい雰囲気です。

記号論理学

3セメスターになってやっと大学生らしい授業が増えてきてとても楽しいです。
そのなかでも論理学おもしろい。対偶ってこれかーとなってます。
今までの一般教養で一番かも。1セメスターに開講してくれ……。

自然演繹法でやっていて, 記述の仕方はこのPDF(
http://home.hiroshima-u.ac.jp/akyah59/logic2/n_deduction.pdf
)が近いかな……。

mathtodonでいろいろ書きたいので, ちょっと記法をまとめておこうかなとおもいます。

記号法

\lnot %否定(negation)
\land %連言(conjuction)
\lor %選言(disjuction)
\to %条件法(conditional)
\models %断定記号

\forall %全称記号(universal quantifier)
\exists %存在記号(existential quantifier)

参考:
Easy Copy MathJax

表の書き方

\begin{array}{rlll}
\hline
1& (1)& P \to (Q \to R)& A \\
\hline
\end{array}
例題(01) $P \to (Q \to R), P \to Q, P \models R$
\begin{array}{rlll}
\hline
1& (1)& P \to (Q \to R)& A \\
2& (2)& P \to Q & A \\
3& (3)& P & A\\
1,3&(4)& Q \to R &(1)(3)MPP \\
2,3&(5)& Q &(2)(3)MPP \\
1,2,3&(6)& R &(4)(5)MPP \\
\hline
\end{array}

依存行の部分は右寄せ, それ以外は左寄せにしました。

参考:
TeX(LaTeX)の表コマンド(arrayと枠線を表すhlineの使い方) - Irohabook
ソースコードを色付けして記述する(シンタックス・ハイライト) - はてなダイアリーのヘルプ